文例集

豊富な文例を使って、いろいろなはがきが送れます

お好みのデザインをお選び頂き、コメント入力画面にて「文例集」ボタンを押すと、簡単に挿入できます。
挿入した文例は、自由に編集できます。

目的からさがす


季節のあいさつ


目的からさがす

引越し・転居はがき

  • 引越しのお知らせ
    この度、下記の住所へ移転いたしました。
    ●●駅から5分のとても便利な所です。
    ぜひ、遊びに来てください。
    
    平成●年●月●日
  • 引越しましたのでお知らせ致します
    緑も多く、静かで環境の良い所です。
    近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
    
    平成●年●月●日 
  • 住所移転のお知らせ
    拝啓 ●●の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
    さて、私どもこの度、下記の住所へ移転することとなりました。
    近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
    まずは、ご挨拶かたがたお知らせまで。 敬具
    
    平成●年●月●日
  • 転居しました
    この度、下記の住所へ転居いたしました。
    ●●駅から10分くらいの、静かで環境の良い所です。
    お近くにお越しの節は、ぜひお立ち寄りください。
    
    平成●年●月●日 
  • 新しい住まいに移りました
    皆様にはその後いかがお過ごしでしょうか。
    わが家では●月●日に引越しをすませ、新しい環境での生活をスタート致しました。
    ささやかな住まいですが、ぜひ一度お越し下さい。
    お待ちしています。
    
    平成●年●月●日 
  • 転居しました
    ご無沙汰しておりますが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
    この度、私どもは、下記の住所へ引越しました。
    お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
    
    平成●年●月●日 
  • 引越しました
    新しい住所、電話は下記の通りです。
    ぜひ、遊びに来てください。
    
    平成●年●月●日 
  • 私たち結婚しました
    ●月●日に結婚式を挙げ、下記住所にて新生活を始めました。
    まだまだ未熟なふたりですが、たのしい家庭を築いていきたいと思っています。
    今後ともよろしくお願いいたします。 

ビジネス向けはがき

退職(定年退職)

  • 拝啓
    時下ますますご清栄のことと存じます。
    さて、私こと、このたび、●月●日をもちまして、●●株式会社を定年退職いたしました。
    昭和●年の入社以来、四十二年の長きにわたり、皆様には言葉に尽くせないほどの
    ご厚情ご指導をいただき、厚く御礼申し上げます。
    この間、時代を取り巻く環境は大きく変化いたしましたが、
    幸いにもつつがなく無事に今日まで勤め上げることができましたのも、
    ひとえに皆様のおかげと、あらためて感謝する次第でございます。 
    幸いにも健康には恵まれておりますので、今後は各方面の福祉活動を通じて、
    微力ながら社会に恩返しができればと考えております。
    皆様には今後とも変わらぬご厚誼を賜れば、この上のない幸せに存じます。
    まずは、略儀ながら書中をもちましてごあいさつ申し上げます。
    敬具

退職(出産を機に)

  • 拝啓
    新緑の候、皆様にはいよいよご健勝のこととお喜び申し上げます。
    さて、私こと、●月●日をもちまして●●株式会社を円満に退社いたしました。
    ●年前に結婚して以来、仕事と家庭の両立を標榜してまいりましたが、
    出産して母になるのを機会に、家庭に入ることになりました。 
    在勤中は、皆様のあたたかいご指導を受け、たいへん充実した仕事することができ、
    言葉に尽くせないほど感謝しております。ほんとうにありがとうございました。
    皆様に教えられたこと、仕事で得た経験を礎に、これからの家庭生活に生かしてまいります。
    立場は変わりますが、皆様には今後ともよろしくご教示とご厚誼のほどを、
    心よりお願い申し上げます。
    末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸をお祈り申し上げまして、
    御礼のごあいさつとさせていただきます。
    敬具 

人事異動の挨拶

  • 拝啓
    時下いよいよご清祥のことと存じます。
    さて、私こと、このたび大阪支社への勤務を命ぜられました。
    東京支社在勤中は、ひとかならぬご芳情をいただき、あらためて厚く御礼申し上げます。
    本来であれば伺いましてお礼のごあいさつを申し上げるべきところ、
    急務のため発令と同時に赴任いたしました。
    たいへん失礼とは存じましたが、事情ご賢察の上、
    どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。
    なお、私の後任には、前・本社営業係長、●●●●が着任いたしました。
    担当業務につきましては遺漏なく引き継ぎを行いましたので、
    どうか従前同様のお引き立てとご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。
    まずは、略儀ながらおわびかたがごあいさつ申し上げます。
    敬具

DM(ダイレクトメール)

  • 臨時休業のお知らせ
    
    いつもご来店いただき ありがとうございます。
    さて弊店改装工事のため ●月●日(●)~ ●日(●)の●日間お休みさせていただきます。
    ご迷惑をおかけいたしますが なにとぞご容赦ください。
    なお ●日(●)より平常通りの営業になります。
    皆さまのお越しをお待ちしております。 
  • リニューアルのお知らせ
    
    店舗改装のため お休みさせていただきます。
    期間
    ●●年●月●日(●)~ ●日(●)
    なお ●日(●)より通常通り営業いたします。
    お客様にはご迷惑をおかけいたしますが 何卒ご了承ください。
    平成●●年●月 
  • セールのお知らせ
    
    ウインターセール開催
    ●月●日(●)~ ●日(●)
    冬物セールを実施いたします。
    期間中 全品30%~70%OFF
    この機会をお見逃しなく!!
    本状ご持参いただいたお客様に限り、さらに10%OFF!!
    & 記念品プレゼント
    ご精算時にレジにて本状をご提示下さい。 

ビジネス用はがきのあいさつ文

ビジネス用はがきの文例集をご用意しました。退職・転勤・就任の時などにご活用ください。

  • 退職
    
    拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    さて 私こと
    このたび 一身上の都合により●●●●●●を退社することと相成りました。
    在職中は格別のご厚情を賜りましたこと心から御礼申し上げます。
    終わりに 貴社ならびに皆様のなお一層のご発展をお祈りし
    ご挨拶にかえさせていただきます。
    
    敬具
    
    平成●●年●月 
  • 拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
    さて 私こと
    このたび ●●●●●●●●を定年退職いたしました。
    永い間公私にわたり色々とお世話になりましたことここに厚くお礼申し上げます。
    今後共何卒変わらぬご交誼をお願い申し上げます。
    末筆ながら 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。
    
    敬具
    
    平成●●年●●月 
  • 退任
    
    拝啓 ●●の候 皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    さて 私こと
    このたび 一身上の都合により●●を退任いたすことになりました。
    ●●在任中には格別のご厚情を賜り 心から御礼申し上げます。
    なお●月●日より弊社●●部●●●●が後任として就任しましたので
    よろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。
    まずは略儀ながら書中をもちまして御礼かたがたご挨拶申し上げます。
    
    敬具
    
    平成●●年●●月 
  • 転勤
    
    拝啓 ●●の候 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
    さて 私こと
    このたび●●●●勤務を命ぜられ過日着任致しました。
    ●●●●在勤中は公私に亘り大変お世話になり厚くお礼申し上げます。
    新任地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので
    今後とも 一層のご指導ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。
    末筆ではございますが皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げお礼かたがたご挨拶申し上げます。
    
    敬具
    
    平成●●年●●月 
  • 就任・着任
    
    拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
    さて このたび 私こと ●●●●の後任として●●●●に就任いたしました。
    もとより 私にとりましては身にあまる重責ではありますが
    一意専心 ●●発展に全力を尽くし 皆様のご期待に添うよう努力いたす所存でございます。
    つきましては 何卒前任者同様 格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
    まずは 略儀ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます。
    
    敬具
    
    平成●●年●●月 
  • 人事異動
    
    拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    さて 私こと
    このたび●月●日付けをもちまして●●●●●●●●に着任いたしました。
    ●●●●●●●●在勤中は大変お世話になりましたこと厚くお礼申し上げます。
    もとより微力ではございますが 新しい職務に努力いたす所存でございます。
    つきましては 今後とも格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
    まずは 略儀ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます。
    
    敬具
    
    平成●●年●●月 

年賀状

「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」だけではちょっと寂しいですよね?
一言添えると、心のこもった年賀状になります。

添え文例

▼年号

たて書き
  •   平成二十九年 元旦

よこ書き
  • 平成29年 元旦
  • 2017年 元旦

▼一般

共通
  • 昨年は大変お世話になりました
    本年もよろしくお願いいたします
  • 本年もよろしくお願いいたします
  • 本年も一年よろしくお願いいたします
  • 昨年中はいろいろとお世話になり心よりお礼申し上げます
  • 今年もどうぞよろしくお願いいたします
  • 本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます
  • 今年もなにとぞよろしくおつきあいのほどお願い致します
  • 旧年中は大変お世話になりました
  • 本年も親子共々よろしくお願い申し上げます
  • 皆様お元気で幸多き年となりますように
  • 皆様お健やかに新しい年をお迎えのことをおよろこび申し上げます
  • ますますのご活躍を期待しております
  • ゴルフを始めましたので、今度ご一緒させていただきたく
  • 新住所に住まいを移し、心新たに新春を迎えました
  • お近くにお越しの際には、ぜひ遊びに来てください
  • 新たな家族が仲間入りしました
  • お元気でご活躍をお祈りしています
  • ご多幸をお祈りし本年もご交誼よろしくお願い申し上げます
  • ますますのご発展をお祈りしています
  • ▼ご無沙汰している人へ

    • すっかりご無沙汰しております
    • 平素の疎遠をお詫び申し上げます
    • 早いもので、長男は今年小学校に上がります
    • お子様も可愛らしい盛りになられたことでしょう
    • 今年こそ同窓会で会えるのを楽しみにしています

    ▼同僚・友人へ

    • ことしもよい年でありますように
    • 今年はお互いに飛躍の年にしたいですね
    • プロジェクト成功に向け、今年も助け合いつつ邁進しましょう
    • ご家族そろって楽しいお正月をお迎えのことと思います

    ▼会社の上司や先輩へ

    • 旧年中はいろいろお世話になり有り難うございました 本年もよろしくお願い申し上げます
    • 昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます
    • 昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました
    • 本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます
    • 今年は入社●年目 これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります

    ▼取引先へ

    • 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり 誠にありがとうございました
    • 御社のますますのご発展を祈念いたします
    • 本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

    ◎一般

    • ご一家皆様にはお揃いでよき新年をお迎えのことと こころよりお慶び申し上げます
      旧年中はいろいろとご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます
      本年もよろしくご指導のほどお願い申し上げます
    • 幸多き春を迎えられたこととお慶び申し上げます
      平素のご厚情に感謝し皆様の御健康をお祈り申し上げます
      本年もよろしくご指導のほどお願い申し上げます
    • 旧年中は一方ならぬ御厚情を賜り厚く御礼申し上げます
      本年も相変わりませずご指導のほどよろしくお願い致します

    ◎上司に出す年賀状

    • 明けましておめでとうございます
      旧年中は格別のご指導、ご支援を賜り、まことにありがとうございました
      今年は昨年以上の成果を達成できるよう努力する所存でございます
      変わらぬご指導 ご鞭撻のほどいただけますよう よろしくお願い申し上げます
      平成二十九年元旦

    ◎ビジネス向け年賀状

    • 謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
      昨年中は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。
      本年もより一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
      平成二十九年元旦

    • 謹賀新年
      旧年中は、格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。
      また、当社の製品●●をご購入いただき、まことにありがとうございました。
      その後、●●の調子はいかがでしょうか。
      不調等がございましたら、いつでもお気軽にお申しつけください。
      本年も、相変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
      平成二十九年元旦

    結婚・出産・転居の報告をかねる場合の添え文例です。

    ◎結婚報告をかねて

    • 私たち結婚しました。
      これから二人で幸せな家庭を築いていきたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします。
    • わたしたち結婚しました。
      まだまだ未熟なふたりですが、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 
      結婚に伴い、下記住所にささやかな住まいを構え、新生活をスタートしました。
      お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

    • このたび、私たちは●月●日に結婚式を挙げました。
      皆様には、かずかずのご配慮をたまわり厚く御礼申し上げます。
      まだまだ未熟な二人でございますが
      今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
    • さて、●月●日に、わたしたちは結婚いたしました。
      これからは二人で助け合って暖かい家庭を築いていくつもりです。
      まだまだ未熟な二人ですが、今まで同様、変わらぬお付き合いのほど、
      よろしくお願い申し上げます。

    ◎出産報告をかねて

    • 我が家に新しい家族が増えました。
      名前は●●です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ会いに来てください。
    • ●月●日に待望の赤ちゃんが生まれました。
      名前は●●●で、とても元気な男の子 (女の子) です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ遊びにいらしてください。
    • このたび、我が家に元気な男の子(女の子)が生まれました。名前は●●です。
      ぜひ会いに来てください。
      家族一同、お待ちしています。
    • 我が家に待望の赤ちゃんが生まれました。
      とってもかわいい女の子で、名前は●●です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ会いに来てください。


    ◎引越・転居・新築報告をかねて

    • このたび私達は●月●日に●●●へ引越しました。
      お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
    • このたび、念願のマイホームが完成いたしました。
      お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りください。 
    • 皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
      さて、このたび左記住所へ転居いたしました。
      お近くにお越しの節には どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。 
    • このたび左記住所へ転居いたしました。
      お近くにお越しの節には どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
      まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます。

    返し年賀状

    文例1

    • 新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、まことに申し訳ございません。

    文例2

    • あけましておめでとうございます
      
      早々と年賀状をいただき、誠にありがとうございました。
      ●●様には、お元気で新春を迎えられ、心からお喜び申し上げます。
      本年も何かとお世話になることと存じます。どうかよろしくお願いいたします。
      
      平成二十九年正月

    ※うっかりしがち!気をつけましょう!

    「賀正」「迎春」などの2文字の賀詞は、簡略型なのです。目上の人には使えません。
    「新年あけましておめでとう」は重複の賀詞です。
    「元旦」は、新年最初の朝という意味です。「一月元旦」「一月一日元旦」ではなく、「平成XX年元旦」と書きます。
    「去(る)」「失(う)」「滅(びる)」「絶(える)」「暗(い)」「病(む)」「失(う)」「痛(み)」などは、年賀状で避けたい「忌み言葉」です。
    例えば「去年」は使わず、「昨年」「旧年」と書きます。
    家族と一緒に見る場合も多いので、誰に見られてもいいように気配りをしましょう。
    相手が不快に感じるフレーズはできるだけ書かないか、上手に言い換えましょう。


    例)
    「リストラ」→「会社を卒業しました。新しい可能性に燃えています」
    「離婚」→「念願の独身です。素敵な恋人を募集中」 など。


    喪中はがき

    ▼年号

    •   平成二十八年十二月

    喪中文例

    • 今年●月に母 ●●●が永眠いたしました
      ここに本年中賜わりましたご厚情を深謝致しますと共に
      明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
      
        平成二十八年●●月
      
    • 父 ●●が 去る●月●日 ●●●歳 にて永眠いたしました
      平素のご芳情に深く感謝いたしますとともに
      明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
      
        平成二十八年●●月
      
    • 本年中賜わりましたご厚情を深謝致しますと共に
      明年も変らぬご厚誼のほどお願い申し上げます
      
        平成二十八年●●月
      
    • 去る●●月に祖父 ●● ●●が永眠いたしました
      平素のご芳情に深く感謝いたしますとともに
      明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます 
      
        平成二十八年●●月

    ビジネス向け喪中

    • 弊社前会長●●●●の喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
      本年中はひとかたならぬお引き立てをいただきまことにありがとうございました
      明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
        平成二十八年●●月
    • 喪中につき年始のご挨拶をご遠慮させていただきます。
      本年●●月にかねてから療養中でありました
      弊社前会長●●●●が永眠いたしました。
      ここに、お得意様各位から賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます。
      皆様にはご心配をおかけ致しましたが、弊社の業績は順調に推移しております。
      今後とも変わらぬご支援ご鞭撻の程お願い申し上げます。
      
        平成二十八年●●月

    結婚報告はがき

    結婚報告はがきの文例をご用意しました。 結婚の挨拶、お礼状にご活用ください。

    • 結婚のごあいさつ
      これから二人で幸せな家庭を築いていきたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします。 
    • わたしたち結婚しました。
      まだまだ未熟なふたりですが、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
      結婚に伴い、下記住所にささやかな住まいを構え、新生活をスタートしました。
      お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 
    • 拝啓 ●●の候、皆様にはますますご清祥のことと、お喜び申し上げます。 
      このたび、私たちは●月●日に結婚式を挙げました。
      皆様には、かずかずのご配慮をたまわり厚く御礼申し上げます。
      
      まだまだ未熟な二人でございますが
      今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
      
      敬具 
    • 拝啓 ●●の候、皆様におかれましては、お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
      
      さて、去る●月●日に、わたしたちは結婚いたしました。
      これからは二人で助け合って暖かい家庭を築いていくつもりです。
      まだまだ未熟な二人ですが、今まで同様、変わらぬお付き合いのほど、
      よろしくお願い申し上げます。
      
      敬具 

    出産報告はがき

    出産報告はがきの文例をご用意しました。 出産の挨拶状にご活用ください。

    • 出産のごあいさつ 
      我が家に新しい家族が増えました。
      名前は●●です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ会いに来てください。
    • ●月●日に待望の赤ちゃんが生まれました。
      名前は●●●で、とても元気な男の子 (女の子) です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ遊びにいらしてください。
    • このたび、我が家に元気な男の子(女の子)が生まれました。名前は●●です。
      ぜひ会いに来てください。
      家族一同、お待ちしています。
    • 我が家に待望の赤ちゃんが生まれました。
      とってもかわいい女の子で、名前は●●です。
      お近くにお越しの際は、ぜひ会いに来てください。
    • 赤ちゃんが生まれました
      妻花子安産にて、●月●日に男児を出産いたしました。
      わが家の新しい一員、名前は一郎です。
      お乳をよく飲み、母子ともに健康です。
    • わが家に待望の男子「●●●」が誕生しました。
      ぜひ一度、元気いっぱいの笑顔を見にきてください。
      家族みんなでお待ちしています。
      
      誕生日 平成●年●月●日
      体重  ●●●●g
    • 赤ちゃん「●●」が生まれました
      元気いっぱいの笑顔を見にきてください。
      家族みんなでお待ちしています。
      
      誕生日 平成●年●月●日

    暑中見舞いはがき

    暑中見舞いを出す時期は、暦で云う小暑(7月7日頃) から、立秋の前日(8月7日頃) までと云われています。

    • 暑中見舞い申し上げます。
      暑さ厳しき折、ご自愛なさいますよう、お祈り申し上げます。 
      ●●年 盛夏
    • 盛夏の候、皆様健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
      私共もおかげさまで、家族一同元気に過ごしております。
      例年並みの暑さが続いております上、なにとぞご自愛のほどお祈り申し上げます。
    • 毎日厳しい暑さが続きますが皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
      お伺い申し上げます。
    • 暑さことのほか厳しい折柄 皆様のご健康をお祈り申し上げます
    • 暑い毎日ですが、日々はつらつとお仕事にお励みのことと思います。
      御身大切にお願い申し上げます。
    • 炎暑のみぎり皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。
    • 時節柄 ご自愛のほどお祈り申し上げます。
    • 毎日暑い日が続きますね。お元気ですか?
      お体に気をつけて、夏を楽しんでくださいね。
    • 今年の夏は昨年にもまして暑さが厳しく感じられます。
      お体には十分気を付けてお過ごしくださいますよう心よりお祈り申し上げます。
    • 暑い毎日が続きますが、お元気でご活躍のことと存じます。
      お陰様で私ども一同、元気に過ごしております。
      時節柄なお一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。
    • ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんか。
      家族一同、変わりなく過ごしております。
      どうぞ皆様ますますご自愛ください。まずは季節のお見舞いまで。

    [会社の上司へのごあいさつ]

    • 暑中見舞い申し上げます。
      厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じております。
      日頃は何かとお世話になり、またお心にかけて下さいましてありがとうございます。
      今夏も一層の努力を重ねていく所存です。
      よろしくご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。
      酷暑のみぎり、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

    [【企業向け】暑中見舞い夏季休業案内兼用]

    • 暑中お見舞い申し上げます
      
      毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      炎暑いよいよしのぎ難くなりましたが貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします。
      さてこのたび夏期休暇の為、誠に勝手ながら左記の通り休業させていただきます。
      何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます。
      記
      八月十三日~十五日 三日間
      
      ●●年 盛夏
    • 夏期休業のお知らせ
      
      毎々格別のお引き立てに預かりまして有り難く厚く御礼申し上げます。
      さてこのたび夏期休暇の為、誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます。
      何卒よろしくお願い申し上げます。
      記
      八月十三日
      八月十四日 三日間
      八月十五日
      
      ●●年 盛夏
    • 夏期休業のお知らせ
      
      毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      さて 弊社 このたび夏期休暇のため誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます。
      何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます。
      記
      八月十三日
      八月十四日 三日間
      八月十五日
      
      ●●年 盛夏
    • 暑中お見舞い申し上げます
      
      平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      酷暑の折柄ご自愛ご健康をお祈り申し上げます。
      さて、弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので
      ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
      
      記
      八月十三日~十五日 三日間
      
      今後とも一層の御愛顧のほどお願い申し上げます。
      ●●年 盛夏
    • 暑中お見舞い申し上げます
      
      日頃は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。
      暑さの厳しき折柄、皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。
      
      
      お盆休みのお知らせ
      八月十三日~十五日(三日間)
      
      ●●年 盛夏
    • 暑中お見舞い申し上げます
      
      毎々格別のお引き立てに預かり有り難く厚く御礼申し上げます。
      さて、甚だ勝手ではございますが、下記期間を夏期休業とさせていただきます。
      何卒ご了承の上今後ともよろしくお願い申し上げます。
      
      記
      休業期間 八月十三日~十五日
      
      ●●年 盛夏

    [【企業向け】暑中見舞い挨拶状]

    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
      ●●年 盛夏
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      炎暑いよいよしのぎ難くなりましたが貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします。
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      暑さ殊の外厳しき折柄、皆様のご健勝をお祈りいたします。
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      炎暑のみぎり皆様のご健康とご自愛をお祈り申し上げます。
    • 毎々格別のお引立てを賜わり厚く御礼申し上げます。
      今後とも一層のご愛顧の程お願い申し上げます。
    • 毎々格別のご高配を賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      今後共一層のお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます。
    • 毎々格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
      酷暑の折柄ご自愛ご発展のほどお祈り致します。
    • 毎度ありがとうございます。
      酷暑のみぎり皆様のご健康をお祈り申し上げます。
    • 水辺に涼を求むの暑さ
      皆様のご機嫌お伺い申し上げます。
    • 暑さ厳しき折柄ご機嫌お伺い申し上げます。
    • 時節柄、ご健康には十分ご留意のうえご活躍くださいますよう心から祈念いたしております。

    残暑見舞いはがき

    8月末までに送るのが目安とされています。

    • 拝啓 残暑の候、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
      立秋とはいえ、まだまだ暑さが続いておりますので、お体を大切に過ごされますよう、
      お祈り申し上げます。
      
      敬具
    • 立秋とは名ばかりの暑さが続く毎日ですが皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
      お伺い申し上げます。
      ●●年 晩夏
    • 炎熱地をやくとはまさにこの事、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
      お伺い申し上げます。
      ●●年 晩夏
    • まだまだ暑い毎日ですが、日々はつらつとお仕事にお励みのことと思います。
      御身大切にお願い申し上げます。
    • 残暑の候、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。
    • 毎日暑い日が続きますね。お元気ですか?
      お体に気をつけて、毎日を楽しんでくださいね。
    • 朝夕には、吹く風に秋の気配を 感じる頃となりました。
      お体には十分気を付けてお過ごしくださいますよう心よりお祈り申し上げます。
    • 立秋を過ぎたというのに暑い毎日が続きますが、お元気でご活躍のことと存じます。
      お陰様で私ども一同、元気に過ごしております。
      時節柄なお一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。
    • 立秋も過ぎたというのに暑い日が続いておりますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
      先日は暑中見舞いのおはがきをいただきありがとうございます。
      暑さ尚厳しき折柄、どうぞ御身体を大切に。ご家族の皆様にもよろしくお伝えください。

    [【企業向け】残暑見舞い夏季休業案内兼用]

    • 残暑お見舞い申し上げます
      
      毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      残暑厳しき折、貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします。
      さてこのたび夏期休暇の為、誠に勝手ながら左記の通り休業させていただきます。
      何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます。
      記
      八月十三日~十五日 三日間
      
      ●●年 晩夏
    • 夏期休業のお知らせ
      
      毎々格別のお引き立てに預かりまして有り難く厚く御礼申し上げます。
      さてこのたび夏期休暇の為、誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます。
      何卒よろしくお願い申し上げます。
      記
      八月十三日
      八月十四日 三日間
      八月十五日
      
      ●●年 晩夏
    • 夏期休業のお知らせ
      
      毎々格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      さて 弊社 このたび夏期休暇のため誠に勝手ながら以下の通り休業させていただきます。
      何かとご迷惑をお掛けすることと存じますがなにとぞ御了承下さいますようお願い申し上げます。
      記
      八月十三日
      八月十四日 三日間
      八月十五日
      
      ●●年 晩夏
    • 残暑お見舞い申し上げます
      
      平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      残暑厳しき折柄ご自愛ご健康をお祈り申し上げます。
      さて、弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので
      ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
      
      記
      八月十三日~十五日 三日間
      
      今後とも一層の御愛顧のほどお願い申し上げます。
      ●●年 晩夏
    • 残暑お見舞い申し上げます
      
      日頃は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。
      残暑厳しき折柄、皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。
      
      
      お盆休みのお知らせ
      八月十三日~十五日(三日間)
      
      ●●年 晩夏
    • 残暑お見舞い申し上げます
      
      毎々格別のお引き立てに預かり有り難く厚く御礼申し上げます。
      さて、甚だ勝手ではございますが、下記期間を夏期休業とさせていただきます。
      何卒ご了承の上今後ともよろしくお願い申し上げます。
      
      記
      休業期間 八月十三日~十五日
      
      ●●年 晩夏

    [【企業向け】残暑見舞い挨拶状]

    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
      ●●年 晩夏
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      残暑なお厳しい毎日ですが貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします。
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      残暑厳しき折柄、皆様のご健勝をお祈りいたします。
    • 平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
      立秋とは名ばかりの暑い日が続いておりますが皆様のご健康とご自愛をお祈り申し上げます。
    • 毎々格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
      残暑厳しき折柄ご自愛ご発展のほどお祈り致します。
    • 毎度ありがとうございます。
      立秋の候を迎え、皆様のご健康をお祈り申し上げます。
    • 朝夕吹く風に秋の気配を感じる頃
      皆様のご機嫌お伺い申し上げます。

    寒中見舞いはがき

    寒中見舞いとは、寒さのために相手の健康を気づかう挨拶状です。ちょうど風邪が流行する季節でもあります。
    相手の健康を気づかう言葉を入れると良いでしょう。また喪中の方へのごあいさつにも利用できます。
    ちょっとしたお便りを出す場合も、あいさつ文として「寒中お見舞い申し上げます」を使うことをおすすめします。

    寒中見舞いを出す時期 一般的には、寒の入り(1月5日)頃から、立春の前の日(2月4日)ごろまでに出しましょう。

    1.一般的な季節のご挨拶として

    文例1

    • 寒中お見舞い申し上げます。
      寒さの折いかがお過ごしでしょうか?
      おかげさまで、私ども家族一同元気に過ごしております。
      
      東京は大寒を過ぎましてから大雪に見舞われ…
      一日も早い春の訪れが待たれますが、暖かくなりましたら…
      ご家族の皆様には お身体を大切にお過ごし下さいますよう
      お祈り申し上げます。
      
      平成●●年一月

    文例2

    • あったかい部屋の中から、寒中お見舞い申し上げます
      お正月も過ぎて、ようやく落ち着いた気がします
      
      年末は体調を崩し、楽しみにしていた
      忘年会にも出られず残念でなりませんでした
      懐かしいメンバーの顔を浮かべながら
      再会できず、落ち込んでいましたが、
      おかげさまで体調もようやく元に戻りました
      
      また桜が咲く頃にみんなで集まりたいですね
      計画よろしくお願いいたします
      まずは寒中のお見舞いまで

    2.年賀状の返礼を松の内(1月7日まで)に出していない場合

    年賀状を出しそびれた場合、そのお詫びを必ず書くように。 又ご無沙汰している方へは、家族の様子を報告、また相手の健康をいたわることばを書き、最後に無事を祈ることばを添えること。

    文例1

    • 寒中お見舞い申し上げます
      新年にはご丁寧な賀状をありがとうございました
      私どもは、年末年始を●●●●で過ごしましたため、
      年賀状を頂きながらご挨拶が遅れまして申しわけございませんでした
      
      まだまだ寒い日が続きまので、どうかお体を大切になさって下さい

    文例2

    • 寒中お見舞い申し上げます
      お年賀のご挨拶ありがとうございました
      新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、
      まことに申しわけございません
      
      皆様には佳き年をお迎えなされましたご様子
      心からお喜び申し上げます

    3.喪中の方へのごあいさつとして

    喪中の方にとっては、一枚も年賀状が届かないのは、とても寂しいもの。
    そんな場合は是非、寒中見舞いを出して、近況などをお知らせしてあげるとよいでしょう。

    文例1

    • 寒中お見舞い申し上げます
      ご服喪中のことと、年始のご挨拶は遠慮させていただきましたが、
      皆様いかがお過ごしでしょうか
      
      ●●様がご逝去なさって●ヶ月、
      ご家族の皆様には、さぞや力落としのことでしょう
      心からお悔やみ申し上げます
      寒さ厳しい折から、くれぐれもご自愛くださいますよう
      お祈り申し上げます

    文例2

    • ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させていただきました
      ●●様が急逝され、さぞお力落としのこととお察し申し上げます
      
      ●●様の幸せ満ちた笑顔が懐かしく思い出されます
      遅ればせながらお悔やみ申し上げます
      厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください

    4.不幸を知らずに年賀状をくださった方に欠礼をお知らせする

    年賀状が届くと言う事は、多分その方に年賀欠礼状を出すのを忘れていたか、
    何かの手違いで届かなかったのかどちらかです。
    欠礼状を出さなかったお詫びや賀状を頂いたお礼を書き添えて寒中見舞いを出すようにします。

    文例1

    • 寒中お見舞い申し上げます
      お年賀のご挨拶ありがとうございました
      皆様には佳き年をお迎えなされましたご様子
      心からお喜び申し上げます
      
      昨年7月に●●が他界いたしましたので、年末年始の
      ご挨拶を控えさせていただきました
      連絡が行き届かず申しわけございませんでした。
      本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます

    文例2

    • 寒中お見舞い申し上げます
      寒さ厳しき折、皆様にはお変りございませんか
      喪中のため、年始のご挨拶を差し控え失礼しましたが
      今年もよろしくご交誼のほどお願い申し上げます
      
      平成●●年一月

    5.喪中の方に年賀状を出してしまった場合

    年賀状を投函後に今年の喪中のリストの変更を修正するのを忘れていたのに気づく場合ってありますよね。
    また喪中欠礼を頂いているのにうっかり出してしまった場合もよくあること。
    その場合は、前もって電話やはがきなどでお詫びします。そうでないと先方は、喪中欠礼を出し忘れたか、
    届かなかったのかといった心配をされます。
    また、こちらが事情を知らないで年賀状を出してしまっても失礼にはなりませんが、
    お詫びの手紙や松の内が明けてから寒中見舞いを出されるとよいでしょう。

    文例1

    • 寒中お見舞い申し上げます
      亡きご●●様のご服喪中とも存じ上げずに
      お年始状を差し上げてしまい、 大変失礼しました
      
      ご家族の皆様はさぞやお力落としの事でしょう
      心からお悔み申し上げるとともに亡きご●●様の
      ご冥福をお祈り申し上げます

    文例2

    • 寒中お見舞い申し上げます
      このたびは、●●を亡くされ、
      遅ればせながらお悔やみ申し上げます
      
      知らないとはいいながら年賀状を出してしまい
      さぞご不快だったこととお詫びいたします
      寒さの折からくれぐれもご自愛いくださいますよう
      お祈りいたします

    ■よく使われる寒中見舞いキーワード

    • 寒中お見舞い申し上げます
    • 寒中お伺い申し上げます
    • 寒さの折いかがお過ごしでしょうか
    • 寒さ厳しき折 皆様にはお変りございませんか
    • 寒気厳しいこのごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか
    • 寒気厳しい折から
    • 酷寒の候、いかがお過ごしでいらっしゃいますか
    • 毎日寒い日が続いております
    • 年改まって、寒気がひとしおつのってまいりました
    • そちらは寒さが厳しいとのことで案じております。
    • おかげさまで私どもはつつがなく過ごしております
    • 寒さが苦手な私も風邪をひくこともなく元気にがんばっております
    • ご家族の皆様には お身体を大切にお過ごし下さいますよう
      お祈り申し上げます
    • 寒さもこれからが本番ですがどうかお元気で乗り切られますよう
      心からお祈りいたしております
    • 時節柄、皆さまのいっそうのご自愛をお祈り申し上げます
    • まだまだ寒さ厳しいこのごろ、皆さまのご健康をお祈り申し上げます
    • 寒の入り、くれぐれも風邪にご用心下さい

    お中元・お歳暮の送り状・お礼状

    お礼状

    • 拝啓
      
      梅雨もあけ、夏の太陽がまぶしい季節になりました。
      皆様にはますますご健勝のことと存じます。
      さて、このたびは、ご丁重なお中元の品を頂戴し、まことにありがとうございました。
      さっそくながら家族全員で楽しませていただきました。さすがにご当地名産だけあって、
      のどごしもよく風味があり、とてもおいしゅうございました。
      この暑さで食欲減退気味だったのですが、
      おかげさまで食欲が出てまいりました。やはり夏は、●●●が一番のごちそうです。
      ふだん、何も行き届きませんのに過分なお心づかいをしていただき、
      かえって恐縮いたしております。
      夏休みには帰省されると伺いました。ぜひ、お立ち寄りください。
      お会いできるのを楽しみにしております。
      暑さ厳しき折り、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
      まずは取り急ぎお礼まで。
      
      敬具
    • 拝啓 盛夏の候、皆様にはご清栄のこととお喜び申し上げます。
      平素は格別のお引立をいただき厚くお礼申し上げます。
      
      さて、このたびは、結構なお中元(お歳暮)の品をいただき、まことにありがとうございました。
      いつもご丁寧なお心遣いを賜り恐縮に存じます。
      暑さ厳しくなります折、ご健勝のほどお祈り申し上げます。
      まずはお礼まで
    • 心せわしい年の瀬になりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
      このたびは、お心尽しの品をお贈りいただき、まことにありがとうございました。
      ●●●は家族全員の大好物ですので、おいしくいただいております。
      いつも心にかけていただき、心より感謝申し上げます。
      末筆ながら、明年のご一同様のご多幸をお祈り申し上げます。
    • 今年は梅雨が長引いているようですが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
      このたびはお中元ののご挨拶ならびに結構なお品を頂戴いたしまして、
      本当にありがとうございました。 
      普段何も行き届きませんのに、いつもお心にかけていただき、恐縮しております。
      いただきました名産のお菓子をさっそく家中で賞味いたしております。
      暑さも本格的になってまいりますが、どうかお体を大切になさって下さいますように。
      まずは、お礼まで。 かしこ  平成●年●月●日 
    • 連日暑い日が続きますが、お父様、お母様、お元気でお過ごしでしょうか。
      先日はお中元を贈っていただき、ありがとうございました。
      果汁100%のフレッシュなジュースの味わいに子どもたちはとても喜んでおります。
      ジュースを飲む子どもたちの姿を撮った写真を同封しますね。
      とってもいい笑顔で写っていますでしょう?また我が家に遊びにいらして下さい。
      まだまだ暑さは厳しいですが、くれぐれもお身体を大切にして下さい。
      かしこ 平成●年●月●日 
    • 拝啓 いよいよ真夏らしくなってまいりました。 
      このたびはお中元をお届け頂き心から厚くお礼申し上げます。
      日頃から何かとお世話になっておりますのに、このようなご配慮いただき、
      恐縮しております。
      さっそく、贈っていただきました地ビールを賞味させていただきましたが、
      のどごしさわやかな味わいは、 何とも言えず、1日の疲れも吹き飛びます。
      主人は地ビールに目がないので、とても喜んでおりました。
      あらためてお礼申し上げます。未熟な私どもでございますが、
      今後ともよろしくご指導くださるようお願い申し上げます。

    送り状

    • 拝啓 猛暑のみぎり、●●課長にはご健勝にてご活躍の趣、心からお喜び申し上げます。
      日頃は、公私にわたりいつも温かいご指導ご配慮をいただき、心から感謝しております。
      ささやかですが、お中元のしるしをお贈りしました。どうぞお納め下さい。
      今後ともよろしくお導きのほど、心からお願い申し上げます。敬具 平成●年●月●日
    • 拝啓 いよいよ暑さも本格的になってまいりました。
      日頃は主人が公私にわたりお世話になっておりまして、心からお礼申し上げます。
      本日は心ばかりの品をお送りいたしましたので、
      ご家族の皆様でお召し上がりいただければ幸いに存じます。
      ますますのご健康をお祈り申し上げ、ご挨拶にかえさせていただきます。
      かしこ 平成●年●月●日
    • 拝啓 梅雨明けとともに暑さも本格的になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
      子どもたちは、夏休みを間近にひかえ、おじいちゃんとおばあちゃんに会えるのを
      楽しみにしております。
      お盆には、みんなでお邪魔するつもりでいますので、どうぞよろしくお願いします。
      お義父様のお好きなメロンを別便でお送りしましたので、よく冷やしてお召し上がり下さい。
      向暑のみぎり、どうかお体をお大事に。
      かしこ 平成●年●月●日

    案内状

    案内状の文例集をご用意しました。 同窓会・結婚式2次会・招待状・法要のお知らせなどにご活用ください。

    同窓会

    • 拝啓 ●●の候いかがお過ごしでしょうか。
      さて、このたび●●●●学校第●●期卒業生の同窓会を下記のとおり
      開催することとなりました。
      恩師の●●先生にもご出席いただく予定です。
      お互いに再会を喜び合い、懐かしいひとときを楽しんでいただきたいと存じます。
      どうぞ万障お繰り合わせのうえ、ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。
                          敬 具
      お手数ですが□月□日までに幹事連絡先まで出欠をご連絡ください。
      
                    記
      
      
      日 時  平成00年00月00日(●) 午後●時~●時
      場 所  ●●ホテル
            住 所
            交通機関
            電話
      会 費  ●●● 円 
      幹 事  ●●●●
      
      連絡先(幹事) 同窓 太郎  090-0000-0000
               同窓 花子  090-0000-0000

    結婚式二次会案内状

    • このたび●●さんと●●さんがめでたく結婚することとなりました。
      つきましては披露宴のあと、ごく親しい仲間だけで二人の結婚パーティーを開きたいと思います。
      ぜひご出席ください。
      
      お手数ですが□月□日までに幹事連絡先まで出欠をご連絡ください。
      
      
            日時 平成●年●月●日 午後●時~●時
            場所 ●●
               住所・電話・交通機関
            会費 ●●● 円
            幹事 ●●●●
            連絡先・電話(メールアドレス)

    パーティ招待状

    • 拝啓 ●●の候いかがお過ごしでしょうか。
      さて、このたびささやかではありますが●●のパーティーを開きたいと思います。
      ぜひご参加ください。
      一緒に楽しいひとときを過ごしましょう。
      
      お手数ですが□月□日までに幹事連絡先まで出欠をご連絡ください。
      
            日時 平成●年●月●日 午後●時~●時
            場所 ●●
               住所・電話・交通機関
            会費 ●●● 円 
            連絡先・電話(メールアドレス)

    展覧会案内状

    • ●●●●写真展
      ●●●●
      
      ●●●●年●月●日(●)~●月●日(●)
      
      AM 00:00 ~ PM 00:00
      
      ●●●●ギャラリー
      東京都●●区●●00-00
      03-0000-0000
      交通●●線●●駅 徒歩00分

    法要のお知らせ

    • 拝啓 ●●の候 皆様にはお変わりもなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
      さてこのたび 亡● ●●●●●●の●●回忌にあたり左記のとおり
      法要を営むことになりました。
      御多忙中誠に恐縮とは存じますが何卒御臨席のほどお願い申し上げます。 敬 具
      
      平成●●年●●月
      
                 記
      
      一、日時  平成●●年●月●日(●) 午前●時より 
      一、場所  ●●●●●
            電話 ●●ー●●●●ー●●●●

    季節のあいさつ

    時候の挨拶

    • 寒さもいっそう身にしみる昨今ですが、
    • 寒中とはいえ、ここ数日はあたたかい日が続いておりますが、
    • 各地の大雪のニュースを見聞きするにつけ、ますます春の訪れが待たれる昨今ですが、

    • 立春とは名ばかりで、寒さのきびしい日も少なくありませんが、 
    • 梅のつぼみもほころぶ季節となりましたが、
    • まだまだ余寒きびしい日が続きますが、 
    • 日ごとに春の訪れを感じるようになりましたが、 
    • ようやく日ざしに春らしいあたたかさが感じられるようになりましたが、
    • 春とはいえまだまだ冷え込む日も少なくありませんが、
    • 色とりどりの花が咲きそろう季節となりましたが、
    • 葉桜が目に鮮やかな季節となりましたが、 
    • ここ数日の春雨に、朝晩は少々冷え込んでおりますが、

    • すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、 
    • 晴天が続いた連休も終わりましたが、
    • すがすがしい初夏の風に吹かれ、心もはずむ季節となりましたが、 
    • 降り続く長雨に、日の光が恋しい季節ですが、 
    • 今年もまた庭の紫陽花が美しく咲く季節となりましたが、
    • 雨垂れの音が、ひっきりなしに続いている毎日ですが、 
    • いよいよ夏本番を迎え、うだるような暑さが続きますが、 
    • 7月に入り、子どもたちも夏休みを心待ちにしているようですが、
    • 大暑を迎え、寝苦しい夜が続きますが、

    • 夏も終わりに近づき、虫の声が聞かれるころとなりましたが、
    • 立秋を過ぎたとはいえ、焼けつくような暑さが続きますが、
    • 吹く風にいくぶん涼しさが感じられるようになりましたが、
    • 残暑もやわらぎ、さわやかな秋風が吹くころとなりましたが、 
    • 一雨ごとに涼しくなってまいりましたが、 
    • さわやかな秋晴れが続き、どこかへ足を伸ばしたくなる昨今ですが、 
    • 色づいた街路樹に、秋の深まりを感じられるようになりましたが、 
    • あちらこちらから紅葉便りを耳にするようになりましたが、
    • 抜けるような青空に、秋たけなわを実感する季節となりましたが、
    • 朝晩の冷え込みが、日ごとにきびしくなってきましたが、
    • 各地からは雪の便りも聞こえてくる季節となりましたが、
    • 公園に降り積もった落ち葉に、過ぎ行く秋を感じるころとなりましたが、

    年の瀬

    • 年の瀬も押し迫ってまいりましたが、 
    • 年の瀬の商店街は連日の大賑わいを見せていますが、 
    • 木枯らしが吹き、寒さが身にしみる季節となりましたが、

    1月の挨拶

    1月の慣用句(例文)

    • 新春の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 酷寒の候 
    • 厳寒の候 
    • 初春の候 
    • 寒冷の候 
    • 大寒の候 
    • 寒気厳しい折から
    • 寒風吹きすさぶ折から
    • 寒気ひときわ身にしむ折から 
    • 寒さ耐えがたき折から
    • 寒気日増しに厳しくなるこのごろ 
    • 吹く風一段と身にしみるこのごろ
    • 風花の舞う今日このごろ 
    • 例年になく寒い日がつづいております
    • 毎朝氷が張り、身も凍る思いです
    • 新春とは名ばかりの厳しい寒さです
    • 水溜りが凍る季節になりました
    • いよいよ本格的な寒さになってまいりました 
    • 雪に明け雪に暮れる毎日です 
    • 白一色の雪景色が広がっています 
    • しんしんと雪が降り続いています 
    • 軒のつららが日増しに長くなっています 
    • 軒のつららが朝日にきらめいています
    • 冬には珍しく暖かい日が続いています
    • 例年にない暖かい寒の入りとなりました 
    • 福寿草が小さな花を咲かせました 

    1月の書き出しの言葉(例文)

    • 酷寒のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
    • 初春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
    • 厳しい寒さが続きますが、皆様にはご壮健にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。
    • 大寒を迎え、いよいよ冬将軍の到来でございます。皆様、お風邪など、めされていらっしゃいませんか。
    • 寒の入りも過ぎ、いよいよ寒さも本番をむかえました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
    • いよいよ寒さも本番となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

    1月の結びの言葉(例文)

    • 極寒の折から、くれぐれもご自愛ください。
    • 寒さ厳しき折から、ご自愛の上ご活躍のほど、お祈り申し上げます。
    • 大寒も間近、どうかお元気でお過ごしください。

    2月の挨拶

    2月の慣用句(例文)

    • 晩冬の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 余寒の候
    • 春寒の候
    • 残寒の候
    • 余寒ことのほか厳しく
    • 残寒なお肌をさす昨今 
    • 残寒厳しき折から
    • 春の気配なお遠い折から
    • 余寒まで去りやらぬ折から
    • 春まだ浅き今日このごろ
    • 立春とはいいながら寒気なお厳しいこのごろ 
    • 立春とは名ばかりの寒い日が続きます 
    • 梅のつぼみもそろそろふくらむころ 
    • 寒さのなかにも早春の息吹が感じられるころ
    • 雪解けの水もようやくぬるみはじめるころ
    • 暦の上では春立つとは申しながら…
    • 暦の上ではすでに春のなのですが…
    • 冬来たりなば春遠からじといいますが…
    • 春とは名のみで寒さは一層つのるばかりです 
    • 冬がまた逆戻りしたような寒さです 
    • 早咲きの梅の花もちらほらと見かけます
    • 土手の枯れ草にも青い芽が見えはじめました 
    • どことなく春の気配が漂っています
    • 春はもうそこまで来ております
    • 春の足音もようやく聞こえはじめました

    2月の書き出しの言葉(例文)

    • 晩冬の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
    • 春寒の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    • 立春を迎え、ますますご活躍のことと存じます。
    • 立春とは名ばかりの厳しい残寒が続きますが、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    • 余寒厳しき折ではございますが、いかがお過ごしですか。
    • 残寒いまだに去らぬ毎日が続きますが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 

    2月の結びの言葉(例文)

    • まだまだ寒い毎日です。くれぐれもご自愛くださいませ。
    • 余寒厳しき折から、お身体を大切になさってください。
    • 季節の変わり目でございます。体調を崩されませんように。 
    • 寒さの戻りで冷え込むこともございます。体調を崩されませんように。
    • まだまだ寒さが続きますので、お身体を大切になさってください

    3月の挨拶

    3月の慣用句(例文)

    • 早春の候(折、みぎり。以下も同じ) 
    • 初春の候 
    • 浅春の候 
    • 春暖の候 
    • 春分の候 
    • 解氷の候 
    • 春寒の候 
    • 春まだ浅いこのごろ 
    • 春光うららかな候 
    • 春浅くいまだ風が冷たく感じられます 
    • 春三月とは申せ寒さまだ去りやらぬ折から 
    • 春とはいえまだ寒い日がつづく折から 
    • 春寒しだいにゆるむ折から 
    • 日増しに暖かさを感じる今日このごろ 
    • 雪解けの水が日ごとに輝きを増していくころ 
    • 桜前線北上中の今日このごろ 
    • 山の雪も解けはじめ春の訪れを実感するころ 
    • 淡雪も春の訪れを告げているようです 
    • 日中はだいぶ春めいてまいりました 
    • ひと雨ごとにすっかり春めいてきました 
    • 日増しに暖かくなってまいりました 
    • 川の水もようやくゆるんできました 
    • 庭の木々の芽もふっくらとしてきました 
    • 庭の木々も新芽の準備をしています 
    • 山の木々も生気を取り戻しはじめました 
    • 梅の香がどこからともなく漂ってきます 
    • 桜もようやくほころびはじめました 
    • 春一番が吹き、急に暖かくなってきました 
    • 日差しもすっかりやわらかくなりました 
    • 吹きくる風も心地よい季節となりました 
    • さわやかな風が頬をなでていきます 

    3月の書き出しの言葉(例文)

    • 早春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    • 初春の折、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。
    • 浅春の折、お元気でご活躍のことと存じます。
    • 待ちに待った春到来です。皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
    • 桃の花咲く季節となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
    • 日増しに春めいてまいりました。ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 

    3月の結びの言葉(例文)

    • お彼岸とはいえ、まだ寒い日がございます。どうかお体を大切に。
    • 春寒の折から、くれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。
    • 春寒のみぎり、どうかご自愛ください。
    • 桜の便りもすぐそこまで届いています。ご自愛の上ご活躍のほど、祈り上げます。
    • 春はもうすぐそこまで来ています。どうかお元気でご活躍ください。 

    4月の挨拶

    4月の慣用句(例文)

    • 陽春の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 春暖の候 
    • 仲春の候 
    • 春爛漫の候
    • 春風駘蕩の候
    • 桜花の候 
    • 清和の候
    • 春光うららかな好季節 
    • 春光あまねく季節 
    • 若草が目にも鮮やかに燃え立つ折から
    • 春風に誘われてつい外出したくなる折から
    • 春色日増しに濃くなる折から
    • 若葉の緑が目にも鮮やかな折から
    • うららかな春の日差しが心地よいこのごろ
    • かげろう燃える今日ことごろ
    • 花の便りが相次ぐ今日このごろ
    • 各地からの花便りもにぎやかな折から
    • 花の便りが次々と舞い込むこのごろ
    • 八重桜も今を盛りと咲き誇っています
    • 桜前線は北国へもようやく到着しました
    • 花見の好季節となりました
    • 花も終わりいつしか葉桜の候となりました
    • うららかな春日和がつづいております 
    • 春の気配もようやく濃くなりました
    • 若草の萌え出す季節になりました
    • 木々の新緑が春光に映える季節になりました 
    • 春もたけなわで行楽の好季節となりました
    • 吹く風もさわやかな好季節になりました
    • 野辺にかげろうが立つ時季になりました
    • しめやかに春雨が降り続いています 

    4月の書き出しの言葉(例文)

    • 春暖の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    • 陽春のみぎり、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    • 春爛漫のみぎり、ご清栄のこととお喜び申し上げます。
    • 春の気配もようやく整い、心浮き立つ今日この頃、お変わりなくご活躍のこととお喜び申しし上げます。
    • 桜の花も咲きそろい、心躍る頃となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
    • 春風のさわやかな季節を迎え、皆様お健やかにお過ごしのことと思います。 

    4月の結びの言葉(例文)

    • 花冷えの季節、どうか体調をくずされませんように。
    • 天候定まらぬ季節でございます。ご自愛専一に。
    • 花どきは気候も不安定ですので、お体を大切に。
    • 春はなにかと体調を崩しやすい季節でございます。お気をつけください。 
    • 春爛漫を満喫なさって、ご活躍のほど、祈り上げます

    5月の挨拶

    5月の慣用句(例文)

    • 新緑の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 若葉の候
    • 惜春の候 
    • 暮春の候 
    • 残春の候 
    • 老春の候
    • 向暑の候
    • 立夏の候
    • 目に青葉山ほととぎす初鰹の好季節
    • 若葉に風香る今日このごろ 
    • 新緑が目にしみるこのごろ 
    • すでに夏の気配すら感じられるこのごろ 
    • 若葉が目にも鮮やかな折から 
    • 波の光もひときわ明るくなった昨今 
    • 新緑したたる好季節の到来です
    • 野も山も美しい若葉におおわれています
    • 若葉の緑もしだいに色濃くなってきました
    • 寒からず暑からずの好季節となりました
    • 街路樹のみずみずしい若葉が新鮮です
    • 初鰹が食卓を飾る時季になりました
    • つつじが今を盛りと咲き乱れています 
    • 青若葉をわたる風が爽快です
    • 頬をなでる風も一段と心地よく感じられます 
    • 雲ひとつない五月晴れの空が広がっています 
    • 鯉のぼりが五月の風に舞っています
    • 皐月の空に鯉のぼりが踊っています
    • 吹く風もどことなく夏めいてきました
    • 若葉の陰がなつかしい時期となりました 
    • まるで初夏を思わせる陽気です
    • はや夏を思わせるような日差しの強さです 

    5月の書き出しの言葉(例文)

    • 若葉の候、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。
    • 暮春の候、お元気でお過ごしのことと存じます。 
    • 立夏のみぎり、皆様にはご清祥のことと存じます。
    • 行く春を惜しみつつ新緑に目をうばわれる時節でございます。皆様お変わりなく、お健やかにお暮らしのことと存じます。
    • 新緑のさわやかな季節となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
    • 立夏が過ぎたとはいえ、肌寒い日が続いております。お風邪などめしていらっしゃいませんか。 

    5月の結びの言葉(例文)

    • 過ごしやすい季節ですが、あまり無理なさらぬようお祈り申し上げます。
    • どうかお健やかに、新緑の季節を満喫なさってくださいませ。
    • 夏はもうすぐそこです。体調を崩されませんようお気をつけください。
    • 向暑の折から、皆様のご壮健をお祈りいたします。
    • 梅雨入りも間近なようでございます。ますますのご健勝を祈り上げます。

    6月の挨拶

    6月の慣用句(例文)

    • 入梅の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 梅雨の候
    • 初夏の候
    • 薄暑の候 
    • 首夏の候
    • 青葉の候
    • 麦秋の候 
    • 渓流に若鮎の銀鱗がきらめく季節 
    • そろそろ蛍が飛び交うころ 
    • 雨にぬれた青葉が鮮やかに目に映えるころ
    • 梅雨空がうっとうしい折から
    • 若葉の息吹も一段と悩ましい折から 
    • 明けても暮れても雨ばかりの昨今 
    • うっとうしい長雨がつづきます
    • 連日の長雨に閉じ込められています
    • 毎日毎日雨ばかりの日がつづきます
    • うっとうしい梅雨空の毎日です 
    • 連日の梅雨空にいささかうんざりしています
    • 梅雨の晴れ間の青空が新鮮です
    • 久しぶりの青空に初夏の気配が感じられます
    • 降り続く雨に木々の緑も色を深めています
    • 雨後の新緑がひときわ濃くなった気がします
    • 衣替えの季節になりました 
    • あじさいの花の色もひときわ濃くなりました
    • 朝顔のつるもぐんぐん伸びています 
    • 南国からはすでに海開きの話題が届きました
    • このところめっきり暑くなってきました

    6月の書き出しの言葉(例文)

    • 入梅の候、お変わりなくお過ごしでしょうか(折、みぎり。以下も同じ) 
    • 梅雨の候、お変わりなくご活躍とのこと、お喜び申し上げます。
    • そろそろ梅雨入りも近いようですが、いかがお過ごしでしょうか。
    • 長雨が続きますが、ご壮健でお過ごしのことと存じます。
    • 今年の空梅雨ぎみの、暑い日が続いております。お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。
    • 梅雨寒の毎日ですが、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。

    6月の結びの言葉(例文)

    • 時節柄、お元気でお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。
    • 梅雨寒の日もめぐってまいります。くれぐれも風邪などめされませんよう、ご自愛専一に。 
    • 季梅雨の時期は冷える日もございます。お風邪などめされませんように。
    • 梅雨明けまでもうしばらくかかりそうです。どうぞお体にお気をつけて。
    • 心ふさぐような梅雨空ですが、何卒、お心お健やかにお暮らしください。
    • 蒸し暑い日が続きます。本格的な夏をひかえて、くれぐれもご自愛くださいますよう、祈り上げます。

    7月の挨拶

    7月の慣用句(例文)

    • 大暑の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 炎暑の候 
    • 猛暑の候
    • 酷暑の候
    • 烈暑の候 
    • 極暑の候 
    • 仲暑の候 
    • 盛夏の候
    • お暑い折柄 
    • 真夏日が続き、ひと雨ほしいこのごろ
    • 海や山が恋しく思うこのごろ
    • 水辺が恋しい今日このごろ
    • 蝉しぐれがしきりの今日このごろ
    • 真夏の青さがまぶしいこのごろ
    • 夕立後の風に一服の涼味を覚える昨今 
    • 連日の猛暑しのぎがたい昨今 
    • いよいよ夏が到来しました
    • 近年まれにみる暑さです
    • 梅雨明けの暑さはひとしおでございます
    • 長雨のあとの連日の炎暑に閉口しています
    • 夏とはいえ、この数日の暑さは格別です
    • 草も木も生気を失うような炎暑が続きます 
    • 寝苦しい熱帯夜が続いております
    • エアコンなしでは過ごせない毎日です
    • 蝉の声が暑さをひっそうかき立てます
    • 風鈴の音にようやく涼味を覚えております
    • 花火が夜空を彩る季節となりました
    • 花火の音が遠く近く聞こえてきます 

    7月の書き出しの言葉(例文)

    • 盛夏の候、皆様ご健勝でお過ごしのこととお喜び申し上げます。
    • 大暑のみぎり、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
    • 今年の暑さは格別ですね。皆様お変わりありませんか。
    • 連日の炎暑でございます。お変わりなくお過ごしでしょうか。
    • 本格的な暑さを迎え、ますますご壮健でご活躍のこととお喜び申し上げます。
    • 例年にない冷たい夏となりましたが、皆様ご清祥のことと拝察いたします。

    7月の結びの言葉(例文)

    • 暑さ厳しき折柄、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。
    • 厳しい暑さが続きます。くれぐれもご自愛くださいませ。 
    • 皆様、夏風邪などひかれませんよう、ご自愛ください。
    • 夏の夜はつい寝不足になりがちです。お身体、大切になさってください。
    • 今年は例年にない冷夏です。お風邪などめしませんよう、くれぐれもご自愛ください。 

    8月の挨拶

    8月の慣用句(例文)

    • 残暑の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 残夏の候 
    • 晩夏の候
    • 立秋の候 
    • 秋暑の候
    • 新涼の候
    • 早涼の候
    • 向秋の候
    • 残暑ひときわ身にこたえる今日このごろ
    • ひぐらしの声に涼味を覚える今日このごろ
    • 虫の声にようやく秋の気配を感じられるころ 
    • しのびよる秋の気配が感じられるころ 
    • しのぎがたい残暑がつづく折から
    • 残暑いまだ衰えない折から
    • 立秋を過ぎても日中の暑さをしのぎがたい昨今 
    • どことなく秋の気配を感じられる昨今
    • すすきの穂もちらほら見かける昨今
    • 立秋とは名ばかりの暑い日がつづきます
    • 寝苦しい夜がつづいていおります
    • 暑さもようやく峠を越したようです 
    • さすがに朝夕は涼風が立ちはじめました
    • 夜空にも秋の気配が漂いはじめました
    • 天の川も一段と輝きを増してきました
    • 赤とんぼの姿を見かけるようになりました
    • あちこちで盆踊りが行われております
    • 盆踊りの太鼓の音が聞こえてきます
    • 夏も終わりを告げようとしています 

    8月の書き出しの言葉(例文)

    • 残暑お見舞い申し上げます。 
    • 残夏の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 
    • 猛暑の折から、ご家族の皆様はお元気でいらっしゃいますか。 
    • 連日の熱帯夜が続いています。いかがお過ごしでしょうか。 
    • 晩夏の候、ご家族の皆様お健やかにお過ごしのことと存じます。 
    • めずらしく冷たい夏になりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 

    8月の結びの言葉(例文)

    • もうしばらく残暑が続くようです。くれぐれもお元気で。
    • 今年の暑さは例年に増して長く厳しく残るようでございます。皆様くれぐれもお身体をご大切に。
    • まずは残暑のお見舞いを申し上げました。 御池では朝夕はもう涼しいことと存じます。お風邪などひかれませんように。
    • 夏の疲れがでるころです。どうかご自愛ください。 

    9月の挨拶

    9月の慣用句(例文)

    • 新涼の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 秋涼の候 
    • 初秋の候 
    • 新秋の候 
    • 清涼の候 
    • 白霧の候 
    • 孟秋の候 
    • 秋冷の候 
    • 秋晴の候 
    • 朝夕の風に秋の涼しさを感じるこのごろ 
    • 空高く澄みわたる今日このごろ 
    • 秋の花が乱れ咲く風情も見られるころ 
    • 木々のそよぎにも涼気が感じられるこのごろ 
    • ひと雨ごとに秋の深まりを感じる昨今
    • 虫のコーラスが聞かれる折から 
    • ようやくしのぎやすい季節になりました
    • めっきり秋めいてきました 
    • 秋空もさわやかな好季節になりました
    • やっと夏の暑さから解放されました
    • 日増しに秋の深まる気配を感じます 
    • ようやく秋色が目立つようになりました
    • すがすがしい秋晴れの日がつづいております 
    • 秋風が肌に心地よい頃となりました
    • 台風一過、とたんに秋めいてきました
    • 庭の秋草も色めいてまいりました
    • 庭ですだく虫の音が秋の到来を告げています 
    • 虫の音もようやく繁くなってきました
    • 赤トンボが群れをなして飛んでいます
    • 秋空にいわし雲が浮かんでいます 

    9月の書き出しの言葉(例文)

    • 残暑お見舞い申し上げます。 
    • 九月とはいえ、まだ夏を思わせる暑い毎日です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 
    • いつまでも暑さが去りやらぬ毎日ですが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 
    • 御池では先日の台風は大事ございませんでしたか。お見舞い申し上げます。 
    • 日ごとに秋の色が深まっております。夏の疲れはいかがですか。 
    • 秋の夜長の時節となりました。皆様お元気でお過ごしのことと存じます。 

    9月の結びの言葉(例文)

    • 九月とはいえ、残暑が続いております。お気をつけてくださいませ。
    • さわやかな秋を満喫されますよう、お祈り申し上げます。
    • 皆様の秋が実り深いものになるよう、願っています。
    • 朝夕もめっきり冷え込むようになりました。くれぐれもご自愛ください。
    • ひと雨ごとに涼しくなってまいりました。風邪などひかれませんよう。

    10月の挨拶

    10月の慣用句(例文)

    • 仲秋の候(折、みぎり。以下も同じ) 
    • 秋冷の候 
    • 爽涼の候 
    • 夜長の候 
    • 秋雨の候 
    • 紅葉の候
    • 霜降の候
    • 初霜の候
    • 錦秋の候
    • 秋気ようやく身にしむころ
    • 秋気が心地よい今日このごろ 
    • 野も山もすっかり秋景色のこのごろ 
    • 秋雨にどことなく寂しさを感じるこのごろ
    • 紅葉前線が南下中の昨今
    • 秋も深まり、朝夕は肌寒さを覚える昨今 
    • 秋もめっきり深まってまいりました 
    • 秋もいよいよ本格的になってまいりました 
    • 秋の気配いよいよ濃くなってまいりました 
    • 秋空高くさわやかな好季節になりました
    • 雲ひとつない絶好の秋日和がつづいています
    • さわやかな秋晴れの日が続いております
    • 木々の葉も色づいてまいりました
    • イチョウの葉も黄金色に変わりはじめました
    • キンモクセイが匂う季節となりました
    • 庭にはコスモスが咲き乱れています
    • 庭の柿も色づいてきました 
    • 夜空に月が冴えわたる季節になりました 
    • 初霜のニュースを聞く季節になりました
    • 北国からははや初雪の便りも聞かれます 

    10月の書き出しの言葉(例文)

    • 秋冷の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
    • 秋たけなわの、今日この頃皆様、いかがお過ごしでしょうか。
    • 秋晴れの好天が続いております。皆様ご清祥のこととお喜び申し上げます。 秋の実の色づく頃となりました。お元気でいらっしゃいますか。
    • 暦の上では霜降となりましたが、皆様、お風邪などめしていらっしゃいませんか。 

    10月の結びの言葉(例文)

    • 日増しに肌寒くなりますので、どうぞご自愛ください。
    • 朝寒の折、お体に気をつけて。 
    • 行楽に、読書に、スポーツに、すばらしい季節でございます。どうか実り多い秋を過ごされますよう。 
    • お身体にご留意なさって、実り多い秋を満喫されますよう、お祈りいたします。 

    11月の挨拶

    11月の慣用句(例文)

    • 晩秋の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 季秋の候 
    • 暮秋の候
    • 深秋の候
    • 深冷の候 
    • 向寒の候 
    • 夜寒の候 
    • 初霜の候
    • 初雪の候
    • 落葉の候
    • 菊花の候 
    • 日増しに冷気加わるこのごろ 
    • 菊の香が漂う今日このごろ
    • 木の葉も一枚一枚枯れ落ちていくこのごろ 
    • 日だまりが恋しい今日このごろ
    • 菊花の香り高い小春日和の今日このごろ
    • 日増しに寒くなる折から
    • 野も山も霜枯れた昨今
    • 咲く風のうすら寒い昨今
    • 落ち葉に秋の深まりを感じる昨今
    • 冷雨が降りつづき、虫の音も衰えていく昨今 
    • 霜降る月となりました
    • 霜枯れの季節になりました
    • ずいぶん日が短くなりました
    • 日足がめっきり短くなってまいりました
    • 朝夕めっきり冷え込む時候となりました
    • 落ち葉が散り敷く季節となりました
    • そろそろコタツの恋しい季節となりました 
    • ストーブが恋しい時期となりました
    • 木枯らしが吹き、冬の近いことを感じさせます
    • 冬が駆け足で近づいて来る気配を感じます 

    11月の書き出しの言葉(例文)

    • 暮秋の候、皆様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申し上げます。
    • 立冬とは申せ、今年は暖かい晩秋でございます。皆様、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
    • 今年は例年になく冷え込む秋になりました。皆様、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。
    • 落ち葉の季節となってまいりました。ご家族の皆様、お元気でご活躍のことと拝察いたします。 
    • 初雪の便りも聞かれる今日この頃、朝夕の冷え込みの厳しさもひとしおでございます。皆様、お元気でお過ごしのことと存じます。 
    • 例年になく、曇り空の暮秋でございます。皆様、ご健勝でいらっしゃいますか。 

    11月の結びの言葉(例文)

    • めっきり冷え込むようになりました。お風邪などひかれませんように。
    • 向寒のみぎり、くれぐれもご自愛くださいませ。
    • ご自愛専一に、お健やかに冬を迎えられますよう。
    • 深冷の候、ご家族の皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 
    • 師走に向けて、お忙しい時期を迎えられることと存じます。ご自愛ください。

    12月の挨拶

    12月の慣用句(例文)

    • 師走の候(折、みぎり。以下も同じ)
    • 歳末の候 
    • 年末の候 
    • 歳晩の候 
    • 初冬の候 
    • 寒冷の候 
    • 初雪の候 
    • 新雪の候 
    • 孟冬の候 
    • 寒気の候 
    • 心せわしい年の暮れ
    • なにやかやと気ぜわしい年の暮れ
    • 寒さひとしお身にしむ年の瀬 
    • 寒気ひときわ厳しい今日このごろ 
    • 木枯らしに思わずコートの襟を立てるころ
    • 寒い北風が吹きつのる今日このごろ 
    • 迎春の準備に忙しい折から
    • 今年もいよいよ押し迫ってまいりました
    • 本年も余日少なくなりました
    • 年内も余すところわずかとなりました
    • 終日木枯らしが吹きすさんでおります
    • 寒風に落ち葉が舞っています
    • 山の頂きはすっかり雪化粧しています
    • 師走の寒さはひとしおでございます
    • いよいよ冬将軍の襲来です 
    • 本格的な冬の到来を思わせる寒さです
    • 道行く人もすっかり冬支度をしています 
    • ジングルベルの音が響く季節になりました 
    • 野も山も荒涼とした冬のながめです
    • 野も山もすっかり冬枯れております

    12月の書き出しの言葉(例文)

    • 師走の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 
    • 新雪の候、寒さも本格的になってまいりました。皆様、お風邪をめしていらっしゃいませんか。 
    • 初冬のみぎり、皆様には、ますますご清祥でご活躍のこととお喜び申し上げます。
    • 例年にない暖かい師走となっております。皆様、お変わりございませんか。
    • 師走に入り、ますますご活躍のことと拝察いたします。 
    • 御用納めまで残すところあとわずかとなりました。さぞかしご多忙のこととお見舞い申し上げます。

    12月の結びの言葉(例文)

    • 寒さが厳しくなってまいります。体調には十分ご留意ください。 
    • 年末に向けてご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。くれぐれもお体をご大切に。
    • 気ぜわしい毎日ですが、体調をくずされませんよう、お祈り申し上げます。
    • 例年になく早くから雪が多くなっております。くれぐれもお身体、ご大切に。
    • 冬になって空気が乾燥しております。お風邪をひかれませんよう、ご留意ください。