Sansanアドレス帳連携方法について

名刺クラウドサービスSansanの住所録、e転居はがき作成形式、その他CSV形式のデータの取り込みガイドです。

Sansanの会員の方なら、e転居はがき作成サービスへ、アドレス帳を取り込む事ができます。
アドレス帳連携には、「APIキー」が必要になりますので、まだお持ちでない方は、以下の手順でAPIキーを取得して下さい。

1.Sansanへログイン

まずは、お持ちのIDで、Sansanにログインします。

2.外部サービス連携を選択

ログイン後、右上のメニュー「管理者設定」の最下部にある「外部サービス連携」を選択します。

3.APIKeyを発行

外部サービス連携画面の上部にある「API」のタブを選択します。
画面下部にある「APIを利用するユーザ」をプルダウンメニューから選択し、「APIKeyを発行」をクリックします。

4.APIキーをコピー

発行されたAPIキーをマウスでドラッグし、コピーします。

5.アドレス帳編集画面にアクセス

e転居はがき作成サービスにログインし、「アドレス帳」にアクセスします。
画面下部にある「Sansanアドレス帳連携」をクリックします。

6.アドレス帳編集画面にアクセス

「APIKeyをお持ちの方」をクリックします。

7.アドレス帳編集画面にアクセス

先ほどコピーしたAPIキーを貼り付け、「アドレス帳を連携する」ボタンをクリックすると、Sansanのアドレス帳が取り込めます。

Sansanとは?

名刺をデータ化してくれる便利なクラウドサービスです。
詳しくはこちら