住所録について - よくある質問

住所登録について

住所録を取り込むことはできますか?
はい、できます。
エクセル等からCSV形式(カンマ区切りテキスト)で書き出したデータを一括で取り込むことができます。
他にも一般的な年賀状ソフト、名刺クラウドサービスSansanからもアドレス帳を取り込む事ができます。
Sansanアドレス帳連携にあたっては、はがきの郵送に必要な情報(郵便番号、住所)が、Sansan側に登録されている必要があります。
ご利用の前に、Sansan側に郵便番号、住所が登録されているか、あらかじめご確認をお願いします。
住所録を取り込む方法
他の年賀状作成ソフトの住所録は使えますか?
はい、ご利用いただけます。
年賀状作成ソフトよりCSV形式(カンマ区切りテキスト)に書き出したデータの取り込みができます。

専用の説明ページをご用意しましたのでこちらを参照してください。
住所録を取り込む方法
CSVファイルを整形する方法を教えてください。
専用の説明ページをご用意しましたのでこちらを参照してください。
住所録を取り込む方法
住所録の一括取込で「?」文字が取り込めません。
「?」はCSV形式に変換する際に、本来の文字が正しく変換されていない可能性があります。
(外字や、日本語以外の文字を変換する場合に表示される可能性があります)

そのため誤登録防止のため「?」文字が入ったあて先の取り込みを行わず警告メッセージを表示してあります。

「?」文字の入ったあて先を登録する場合は、一括登録ではなく個別からだとできますので1件づつご登録をお願いします。
あて先の住所が長い場合に、改行して入力する方法は?
住所が長い場合は、「住所・番地」と「ビル・アパート等」に分けて入力してください。
2行に分かれて表示されます。
プレビューで住所が長いためつぶれてしまっています。
参照:あて先の住所が長い場合に、改行して入力する方法は?
あて名の連名は何人まで印字することができますか?
個人用の場合、連名4名まで、法人用の場合、連名は1名まで印字できます。
登録された住所録はどうなりますか?
会員登録をされた方は保管されますので、次回からは、ログインをするだけでスムーズにはがきを送ることができます。
住所録の追加、変更、削除なども自由に管理が可能です。